投資信託のお金の流れ

ガリバーの悪い評判を見ても気にするな!

 

投資信託の購入の窓口になっているのが販売会社です。
銀行をはじめ、証券会社や保険会社、郵便局、ネットバンクなどがあたります。
また、販売を仲介する業者もあります。
これらの販売会社はすべて同じ数だけのファンドを取り扱っているのではなく、本数にはばらつきがあります。

 

 

ゆえに購入する際はどんなファンドを取り扱っているのか比較しておきたいところです。
この販売会社で購入したお金は受託会社で管理されます。
受託会社にあたるのが信託銀行などです。
資産の管理役であり、運用会社の指示で売買を行うことがあります。

 

 

ファンドの運用は運用会社で行われ、投信会社やアセットマネジメントなどと呼ばれる会社が該当します。
ファンドの中身の組み替えや商品開発を行い、実際の運用も行います。
資産の管理も運用会社で行う方が効率的に思われる面もありますが、これは運用で顧客の資産とは区別するために受託と運用が分かれているのです。

 

運用の流れとしては運用会社がつくったファンドを販売会社で購入し、資産は受託会社で管理されているということになります。
そうした流れの中で重要な役割を果たすのが運用会社であり、いかに魅力的なファンドをつくり、結果を出す上でキーマンとなる存在です。