安全に運転するためには必要になる操作がたくさんありますが、ブレーキの操作方法も真っ先に覚えたい技能の一つです。一昔前までは、ポンピングブレーキと呼ばれる、ブレーキレバーを段階的に何回かに分けて踏む操作が、安全に停止するためには必要だと言われていました。しかしこれは、今とはブレーキシステムが違う自動車が主流だった頃の話です。今のほとんどの自動車にはABS、アンチロックブレーキシステムが搭載されています。急ブレーキを踏んだ時などに、タイヤがロックするのを防いで、正しくブレーキが効くようにしたり、ハンドルが効かなくなるのを防ぐための装置です。アンチロックブレーキシステムを正しく作動させるためには、ポンピングブレーキでは逆効果です。徐々に踏んでいくのではなく、ブレーキペダルを一気に踏み込んだほうが安全に停車できます。運転免許を取得してから相当の年月が経っているドライバーもいるでしょうが、取得した当時は常識だったことも、自動車の性能やシステムが変わることで逆に非常識になることがあります。自動車はどんどん安全な乗り物になってきてはいますが、運転するドライバーも時代の変化に対応しなければなりません。プレゼント02